Salon Art Shopping-Paris-

「Salon Art Shopping -Paris-」

【開催期間】

2019年10月18日〜20日

※20日、会場入口にてLIVE PAINT

【開催場所】

Carrousel du Louvre

フランス・パリの代表的な

「Salon Art Shopping」は

春(5月)と秋(10月)の年2回開催され

僕は今回、10月に参加しました。

会場の「Carrouse du Louvre」は

ルーヴル美術館から地下通路で直結する

大型商業施設で、美術関係者やアートファンが

世界各国から来場します。

【僕の作品の設営も完了】

本年のアート・ショッピングには

世界各国から149組のアーティストと

51組のギャラリーが出展。

18日(金)にはレセプションパーティーが行われ

現地のアートジャーナリスト、キュレーター、

評論家から様々な美術関係者が姿を見せ

大いに賑わいました。

最終日の20日には

会場入り口にてLIVE PAINTを披露。

バックブースでDJがHIPHOPを流す中で

約1時間ほどで完成しました。

今回、パリ滞在は1週間。

この時期はアートウィークと重なり

世界最大級のコンテンポラリー

アートフェア「FIAC」

シャンゼリゼ通りを舞台に開催される

「アート・エリゼ(Art Elys’ees)」など

ギャラリーを含め、毎日6時間練り歩き

作品は5000点以上見ました。

その中で記憶に残っている作品と場所は

ごくわずかで、この記憶に残るというのが

とても重要だと感じました。

自分の立ち位置を理解して

これから進んで行きます。